赤ちゃん用ウォーターサーバーランキング

ウォーターサーバーの料金体系と安全性比較

数多く存在するウォーターサーバーをこれから使用するために料金体系と子供・赤ちゃんへの安全性についてご紹介します。

 

ウォーターサーバーといっても、かかるのはお水の料金だけではありません。

 

料金体系は業者により様々ですが大きく分けて「水の代金・送料、解約費・メンテナンス費用・初期費用・月額費用」の5つがありますが、月額費用においてはウォーターサーバーのレンタル料・レース料の2種類が発生します。

 

なので事前に業者や料金サービスをしっかり把握しておかないと、必要以上の出費をしてしまうのでご注意ください。

 

 

ウォーターサーバーは軟水なので、特に小さいお子さんや赤ちゃんを持つお母さんにとっては心強い味方となります。

 

粉ミルクや離乳食を作る時も必要最低限の水量に節水出来るうえ、ぬるま湯がすぐに使えるので家事や育児の負担を減らしてくれます。

 

水道水の場合、プールよりも塩素が高い・水道管の汚れによる雑菌が多い・トリハロメタンなどに含まれる発ガン性物質が多い・農薬などの購入が避けられないという多大なデメリットが生じるため、妊婦さんにとっては流産の可能性も引き起こします。

 

流産の可能性にもなり得るトリハロメタンは完全なる発ガン性物質なので肝臓障害のリスクも高くなってしまいます。

 

ですがウォーターサーバーなら、完全とはいえなくとも天然水を使用し放射線物質検査やRO膜のチェックをきちんとしているので発ガン性物質やザッキン・濃度の高い塩素への心配がなく、小さい子供・妊婦さんにも安心して飲ませることが出来ます。

 

関連ページ

夜中の授乳の時などは特に大活躍しました
夜中の授乳の時などは特に大活躍したウォーターサーバーを説明します
いつでも冷たい水と温かいお湯が使えます
いつでも冷たい水と温かいお湯が使えるウォーターサーバーを説明します
サーバーレンタル代とメンテナンス代がタダでした
サーバーレンタル代とメンテナンス代がタダのウォーターサーバーを説明します
なくなれば必要な数だけ水を届けてくれます
なくなれば必要な数だけ水を届けてくれるウォーターサーバーを説明します
子供のミルクを作るのが簡単に出来ます
子供のミルクを作るのが簡単に出来るウォーターサーバーを説明します
小型化が進むウォーターサーバー
小型化が進むウォーターサーバーについて説明します
ウォーターサーバーの基礎知識
ウォーターサーバーの基礎知識について説明します
天然水が使用されているウォーターサーバー
天然水が使用されているウォーターサーバーについて説明します
ウォーターサーバーの選び方
ウォーターサーバーの選び方について説明します
ウォーターサーバーが今では必需品
今では必需品のウォーターサーバーについて説明します
服薬用の水にピッタリ
服薬用の水にピッタリのウォーターサーバーを説明します。
クリクラの無料サービスを受けて
クリクラの無料サービスを受けてみた説明をします。
いつでも飲めるおいしい水!!
いつでも飲めるおいしい水!!についての説明をします。
とても便利で使いやすい
とても便利で使いやすいウォーターサーバーの説明をします。