赤ちゃん用ウォーターサーバーランキング

ウォーターサーバーの基礎知識

ウォーターサーバーにかかる料金とお水の種類は欠かせない情報なのでわかりやすく説明します。

 

 

料金について。

 

・月々の水代金…12?ボトル一本(RO水)千円以下、12?ボトル一本(天然水)三千円以上といった具合に値段は様々です。

 

・水の宅配料…無料宅配サービスを備えたメーカーもありますが、大抵のメーカーは一定条件を満たさないと宅配が有料になります。

 

・ウォーターサーバーのレンタル料…つきづき600円?1.500円程度。サーバーレンタル無料のメーカーは水代が高くなるのでサーバーレンタルした方が安いです。

 

・ウォーターサーバーの電気代…冷温水両方が出るサーバーの場合1.000円?1.500円程度。省エネモードを搭載している優秀なサーバーだと通常の3分の1くらいに電気代金を抑えることが可能になります。

 

・メンテナンス料…メーカーにより様々なので明確にわかりません。レンタル料に含まれていたり故障などでも料金が変わってきます。

 

 

お水の種類について。

 

・天然水…特定の地下水を原料として採水されたもの。地下に溜まった水に地層のミネラルが混ざった水を化学処理ではなく、ろ過・加熱処理を施すので安全に飲めます。

 

・RO水…ミクロレベルのフィルターでろ過した水を使用するので通常のろ過で取りきれない不純物さえもしっかりと排除するためミネラル分を含まないほぼ純水です。

 

・RO水とミネラル…人工的にミネラル分を調節し配合したRO水のことです。

 

 

このように料金・お水にも数多くの種類があるので自分に合ったものを探して使用することが大切です。

関連ページ

夜中の授乳の時などは特に大活躍しました
夜中の授乳の時などは特に大活躍したウォーターサーバーを説明します
いつでも冷たい水と温かいお湯が使えます
いつでも冷たい水と温かいお湯が使えるウォーターサーバーを説明します
サーバーレンタル代とメンテナンス代がタダでした
サーバーレンタル代とメンテナンス代がタダのウォーターサーバーを説明します
なくなれば必要な数だけ水を届けてくれます
なくなれば必要な数だけ水を届けてくれるウォーターサーバーを説明します
子供のミルクを作るのが簡単に出来ます
子供のミルクを作るのが簡単に出来るウォーターサーバーを説明します
小型化が進むウォーターサーバー
小型化が進むウォーターサーバーについて説明します
天然水が使用されているウォーターサーバー
天然水が使用されているウォーターサーバーについて説明します
ウォーターサーバーの選び方
ウォーターサーバーの選び方について説明します
料金体系と安全性比較
料金体系と安全性比較について説明します
ウォーターサーバーが今では必需品
今では必需品のウォーターサーバーについて説明します
服薬用の水にピッタリ
服薬用の水にピッタリのウォーターサーバーを説明します。
クリクラの無料サービスを受けて
クリクラの無料サービスを受けてみた説明をします。
いつでも飲めるおいしい水!!
いつでも飲めるおいしい水!!についての説明をします。
とても便利で使いやすい
とても便利で使いやすいウォーターサーバーの説明をします。