巻き爪にならないための爪の切り方

巻き爪を未然に防ぐには爪の切り方が重要ポイント

巻き爪を未然に防ぐには爪の切り方が重要ポイント

夏になったら足の指の爪のおしゃれを思い切り楽しみたいと思っているのに、たった1本の足の指が巻き爪になっていて、どうしたら良いものか悩む女性もいるのではないでしょうか。

巻き爪になる原因にはいろいろ考えられますが、爪の切り方が間違っていることが原因のひとつとも考えられます。手の指の爪を切る時は、見た目を気にすると思いますが、足の爪はとくに暑い夏の季節でもない限り、足の指を露出することはないので、意外に気づかないものです。

足の指の爪の切り方が悪いと、靴下やストッキングが爪で引っかかって繊維を傷めることもあります。基本的には、足の爪をまっすぐ横方向に切るのがポイントです。とくに、爪の角の部分が引っかからないように、なめらかになるように工夫して切ることです。爪切りした後に、ヤスリを使って細かく削ると良いですが、爪切りにヤスリのような機能が備わっているものもありますので、上手に使いこなすと良いですね。

足の指を頻繁に切るのが面倒だからといって、爪を深く切ってしまうと、足の指に雑記が侵入しやすくなり、爪の形が悪くなると巻き爪を引き起こす原因となりますので、きちんと切りましょう。

さらに詳しく知りたい方はコチラ

≫巻き爪矯正具ランキング

痛み、我慢していませんか?巻き爪は自宅で簡単に矯正できます。対処法と矯正具を詳しく紹介。